年金が出るのは老後だけではない

Pocket

年金が出るのは老後だけではない

老後だけではない公的年金の役割

年金と聞けば、誰もが老後に貰える年金を頭に思い浮かべることでしょう。しかし、公的年金の中身というのは、他にも私達のさまざまな手助けをしてくれる制度なのです。

老齢年金の場合、自身の老後に役立つもので、定年後の生活の支えとなってくれますが、公的年金の中には他にも、「障害年金」や、「遺族年金」という制度があり、障害者になってしまった場合や、生計を支えていた扶養者が死亡してしまった時に年金が給付されるようになっています。

つまり、老後の為だけではなく、自分以外である、妻子にもお金を残すことが出来るのです。

遺族基礎年金とは

遺族基礎年金は、一家の世帯主が亡くなった時に、残りの家族に支払われる年金です。

給付を受ける為には保険料の納付期間を必要とします。保険料免除期間を含む納付済みの期間が加入期間の3分の2以上であることが条件です。もしくは、亡くなった日のある月の、前々月までの1年間に保険料の未納がないということです。

ややこしい説明ですが、つまり、国民年金を払い始めて1年2ヶ月経過していれば、残された家族に保障が残るという訳です。

遺族基礎年金を受け取る残された家族とは、妻や子供で、子供は18歳になった年度の末日までをいいます。子供に障害がある場合は、20歳になった年の末日まで支給されるものです。

(例)

  • 妻の遺族年金(年間)‥‥786,500円
  • 子供1人目‥‥227,900円
  • 3人目以降‥‥75,900円

子供が2人の場合だと、227,900円×2人=455,800円となり、妻1人、子供2人で年間合計額は、124万2,300円となるわけです。

個人で契約する民間の保険に似たもので、死亡保険の役割があるような制度です。家族が困らないようにしておくためにも、公的年金は払い続け、また、この制度でいくら出るのかを把握しておくと良いでしょう。

遺族厚生年金とは

遺族厚生年金は、厚生年金加入者が亡くなった時に支払われる年金です。

一家の世帯主の遺族(配偶者、子供、父母、孫、祖父母)にあたる人の中で、優先順位の高い人に支払われます。これは、加入中の傷病が原因で初診日から5年以内に亡くなった場合で、遺族基礎年金の保険料納付要件を満たしていることが条件です。

この年金以外にも、妻子がいる場合に限り、遺族基礎年金も一緒に支給されます。また、30歳未満の子供がいない妻は5年間の有期給付を受けることが出来ます。子供や妻以外の遺族の場合、55歳以上になっていることが条件でこの年金の受け取り開始は60歳からになります。

障害基礎年金とは

障害基礎年金は、国民年金に加入している人が病気や怪我で身体に障害が残った場合に支払われます。

これは、65歳で受け取れる老齢基礎年金とは違い、障害を受けた時点からの年金なので、高齢になるまで待つというものではありません。しかし、この年金には条件があり、保険料免除期間を含む納付済みの期間が加入期間の3分の2以上であることが条件で、前々月までの1年間に保険料の未納がないということです。

障害厚生年金とは

障害厚生年金は、厚生年金に加入していることが条件で、障害基礎年金の1級または2級に該当する障害が残った場合に、障害基礎年金と合わせて障害厚生年金を受給出来ます。3級の場合は厚生年金独自の給付として支給される年金です。

この他にも、厚生年金加入には、「障害手当金」という手当てがあります。これは、3級の障害よりも、やや程度の軽い障害(4級程度)が残ったときに支給されるものです。この条件も同じく、障害基礎年金の保険料納付要件に満たしていれば、支払われる年金です。

 
 

  • 認知症の症状が家族に出たとき、 あなたはどう対応しますか?