定年後から年金受給開始までの空白期間

Pocket

定年後から年金受給開始までの空白期間

60歳と65歳では、受給される内容が違う

年金の受給開始年齢の引き上げによって、少々頭が混乱してきます。年金を貰える年までの人生設計を頭の中で描いていたはずなのに、再び夢を見続けなくてはいけません。

なぜなら、2013年4月2日以降に60歳で定年を迎える人(男性)は、65歳まで老齢厚生年金が貰えません。これを俗に「魔の5年間」と呼ぶそうです。

法律では、20歳から60歳までに、国民年金に加入した人が、60歳で保険料を納め終わり、年金の支給は5年後の65歳から始まることになっているからです。老齢厚生年金の受け取りも、必要な資格期間を満たした場合に、65歳からの受給となっています。ちょっと複雑ですが、まとめてみると以下のようになります。

4月1日生まれの場合

報酬比例部分 = 60歳から支給される(厚生年金に加入している場合のみ)
定額部分   = 65歳から支給(厚生年金で特別支給の老齢厚生年金の一部分)
基礎年金   = 65歳から支給(国民年金)

4月2日生まれ以降

報酬比例部分 = 61歳から支給される(厚生年金に加入している場合のみ)
定額部分   = 65歳から支給(厚生年金で特別支給の老齢厚生年金の一部分)
基礎年金   = 65歳から支給(国民年金)

上記の通りとなっており、平成6年の改正法によって厚生年金の定額部分はなくなり、60歳から65歳までの間の年金は、報酬比例部分だけとなりました。加入期間が長いほど、老齢厚生年金額は増えるわけですが、どちらにしても65歳まで定額部分は貰えず、報酬比例部分も、2013年度からは、受給開始年齢が3年に1歳、引き上げられることになりました。また、男性の場合は2025年で、女性は2030年度に60歳台前半での年金受給はなくなり、65歳から年金の受給が開始となります。

【言葉の意味】

老齢基礎年金
国民年金加入者が受給する65歳からの老齢年金(終身)(20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めた場合)。
老齢厚生年金
公的年金制度のひとつで、厚生年金に加入していて受給要件を満たした人が、原則65歳に達してから老齢基礎年金に上乗せしてもらえる年金のこと。
報酬比例部分
厚生年金に加入している間の給料によって違いがあるもの(65歳前から支給される老齢厚生年金)。
定額部分
特別支給の老齢厚生年金の一部分
 
 

  • 認知症の症状が家族に出たとき、 あなたはどう対応しますか?